10月23日よりSANGO導入しました!

【メルカリとラクマ】売る時はどっちを使う?それぞれのメリットは?【フリマアプリ】

こんにちは!フリマアプリユーザーのしらたま(@siratamama63)です。

フリマアプリって使っていますか??

私はヤフオクから始まり、メルカリ、フリル(現ラクマ)を使用してきました。
買う時はそれぞれのアプリで商品を探します。
売る時は現在、メルカリ8割・ラクマ2割くらいで不用品を出品しています。
主に読み終わった本や子供服です。

avatar

しらたま

何が違うんだろう、難しそう・・・

avatar

しらたま

大丈夫!やってみれば簡単ですよ♪

今回は出品したいけど分からない・・・
そんな時のために違いをご説明します。

まずは2つのアプリの比較をしていきます。

メルカリ ラクマ
出品手数料 無料 無料
販売手数料 10% 3.5%
振込手数料 1万円以上:無料
1万円以下:210円
1万円以上:楽天銀行は無料、その他216円
1万円以下:210円
匿名配送 あり なし
振込申請期限 180日。 1年間

では、それぞれの良さを紹介していきます。

メルカリのメリット

登録者が多く売れやすい

何と言っても登録者数の多さです!
スマホで見ると、自分が出品した商品の閲覧者数が見えるのですが、メルカリは出品した瞬間に閲覧者が付きます。
それだけメルカリを見ている人が多いということです。

なので、すぐに売れやすいです。
人気商品は瞬殺されます、早く売りたい!!という場合は絶対にメルカリ!

匿名配送が使える

これも大きな特徴です。
なるべくなら住所って教えたくないですよね。。。
らくらくメルカリ便・ゆうゆうメルカリ便を使えばお互いの住所を知られずにやり取り出来ます。
なので自分で宛名を書く必要がない。
配送は
らくらくメルカリ便はヤマト運輸の営業所かコンビニ(「ファミリーマート」「サークルK・サンクス」「セブン-イレブン」)
ゆうゆうメルカリ便は郵便局かコンビニ(「ローソン」のみ)

私はコンビニでの配送が多いです。
レジでバーコードを見せたり、ロッピーでレシートを発行したり…
※コンビニの場合、サイズは測ってくれませんので事前に確認しておきましょう!

メルカリ公式HPはコチラ↓

ラクマのメリット

販売手数料が安い!

ただ、2018年5月までは手数料0円だったのです。
それが売りだったのですが、まぁ仕方ない。

でも3.5%ですからね!!
メルカリに比べれば安いです。
10,000円で商品が売れた場合、メルカリは手数料で1,000円取られ実質9,000円の利益。
ラクマは3.5%なので350円取られ9650円の利益。

塵も積もれば結構手数料で取られることになります。

なので絶対売れる!
という商品はラクマをオススメします。
たとえば売れ筋ゲーム機・スマホ・最新刊・ブランド品など。

また、急いで売る必要のない高額商品を売る時もオススメ。
高額になると手数料でかなり取られるので、ラクマに出品して様子を見るのも良いですよ。

振込申請期限が長い

売上が確定してから申請の期限が1年間あるので、焦って振込したりポイントに変える必要はありません。
私はチマチマ出品して、1万円溜まったら振り込むようにしています。
その間に欲しい商品があったら、売上金から買い物します。

また、楽天銀行なら1万円以上の振込で手数料がかかりません。
私は楽天銀行ユーザーなので活用しています!

ラクマ公式HPはコチラ

まとめ

どちらも良いところはたくさんあります!

メルカリがオススメな人
・すぐに売りたい
・住所を教えたくない
ラクマがオススメな人
・手数料を安く抑えたい
・人気商品を売りたい

また、頻繁にキャンペーンを行っています。
メルカリはバーコード出品によるポイント付与、それが売れて300ポイント…など。
ラクマは出品ごとにルーレットでポイントがもらえたりします。
色々ありますので、参加するとお得に出品・落札も出来ますよ♪

私はキャンペーンに合わせて出す物を変えてポイントをGET!→そのポイントで欲しい商品をGET!
という流れです。

難しそう…というあなたも、ぜひ始めてみてくださいね!
売れると嬉しいし、ヤミツキになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です